口腔外科|福岡市中央区大名、短期集中治療で納得の治療結果へ導く永嶌歯科クリニック

SURGERY 口腔外科

お口のトラブルは何でもご相談ください

当院では、口腔外科の診療も行なっていますので、虫歯や歯周病などのお口の病気以外のさまざまなお口のトラブルに対応いたします。
口腔外科は、お口の中、顎、顔面、そのほかお口に関連する器官に発生した病気に対して診断・治療を行なう診療科目です。
対応する症状は本当に幅広く、炎症、外傷、腫瘍、アレルギー、神経疾患、感染症、変形など、多岐にわたります。
また、「口腔外科」と表記するように、症状によって治療方法は異なりますが、おもに外科的な方法で治療を行ないます。
お口やお口に関連することでトラブルやお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

こんなお悩みありませんか?

口腔外科で対応できる症状には、以下のようなものがあります。

  • 親知らずが痛い、親知らずを抜きたい
  • 顎が痛い、口が開きづらい
  • 歯や口の中をケガしてしまった
  • 口の中に腫れやできものがある
  • 口の中や顎の骨から膿がでてくる
  • 口の粘膜が痛い、ヒリヒリする
  • 口の中が乾く
  • 顔の一部が思うように動かせない

口腔外科のおもな治療

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

顎が退化して小さくなった現代人は、親知らずが生えるためのスペースが充分にとれないため、親知らずが生えてくることで、トラブルが起こりやすくなっています。
そのため、口腔外科では「親知らずが真っ直ぐに生えていない」、「手前の歯を押すように生えている」といったケースで、痛みや炎症などのトラブルが生じているような場合には、抜歯を行ないます。

顎関節症

顎関節症

顎関節症は、顎の関節や食べ物を噛むときに使う筋肉に障害が起こり、「口を開くと痛い」「大きく口を開けられない」「顎の関節を動かすと音がなる」などの症状がでる病気です。噛み合わせが原因で起こることが多い病気ですが、癖や生活習慣、ストレスなども原因として考えられます。当院では精密検査と問診によって原因を診断し、適切なアドバイスや治療を行ないます。

歯肉や顎の炎症

虫歯や歯周病が進行した歯や、抜歯した部分から細菌が感染して、歯肉や顎が炎症起こすす「顎骨骨髄炎」や、上顎の上に存在する上顎洞の粘膜が炎症を起こし、分泌液が溜まってしまう「上顎洞炎」などの治療も口腔外科で対応します。治療では、炎症の原因になっている歯を治療し、抗生物質によって炎症を抑えます。重度の場合は、外科手術を行なう場合もあります。

外傷

スポーツや事故、そのほか怪我などで「口の中が切れた」、「歯が折れた」、「歯が抜けた」といった外傷の治療も口腔外科で対応します。
外傷の状態により、消毒や縫合、整形などの処置を行ないます。歯が折れた場合は、被せ物などで歯を修復する治療を行ない、歯が抜けた場合には入れ歯やブリッジ、インプラントなどで歯を補う治療を行なうことになります。

嚢胞

嚢胞(のうほう)とは、体のなかに生じる病的な袋状のもののことをいい、そのほとんどが、内側が上皮に覆われています。口腔外科で治療の対象となる嚢胞には、「顎骨の中にできる嚢胞」と「お口の中の粘膜にできる嚢胞」があります。
「顎骨の中にできる嚢胞」には、歯の神経が感染することによって、歯根部分に袋状に膿が溜まってしまう「歯根膿胞」や、顎骨の中に埋まったままで生えてこない歯の周りに袋状に膿が溜まる「含歯性嚢胞(がんしせいのうほう)」などがあります。
「お口の中の粘膜にできる嚢胞」には、お口の粘膜や唇の内側を噛むことによって小唾液腺を傷付け、その中に唾液がたまって嚢胞ができる「粘液嚢胞」などがあります。

腫瘍

腫瘍は、細胞が異常に増えてかたまりになったもののことをいい、良性のものと悪性のものがあります。
お口の中にできる良性の腫瘍には、歯をつくる組織の一部からできる腫瘍である「エナメル上皮腫」や、エナメル質、象牙質などの歯の組織の過剰増殖によってできる「歯牙腫」、などがあります。
また、悪性腫瘍には、お口のがんである「口腔がん」、口蓋(お口の天井部分)や上顎の歯肉などに発生する黒色の悪性腫瘍である「悪性黒色腫」、リンパ系の組織から発生する悪性腫瘍である「悪性リンパ腫」などがあります。

粘膜の異変

歯肉、舌、頬などのお口の中の粘膜に異変が起こった場合も、口腔外科で対応できます。粘膜の異変としては、直径数ミリの白みがかった炎症が起きる「口内炎」や、粘膜が白くなる「白板症」、お口の中のカンジダ菌が異常に増殖することで炎症がおきる「口腔カンジダ症」などがあります。

唾液腺疾患

唾液腺疾患は、唾液腺の機能に異常が生じる疾患です。唾液腺疾患には細菌やウイルス、アレルギーなどが原因で唾液腺に炎症が起きる「唾液腺炎」や、唾液腺または唾液管に結石ができ唾液が詰まる「唾石症」、唾液腺をはじめとする全身の外分泌腺に慢性的に炎症が起こり、ドライアイやドライマウスなどの乾燥症状が出現する「シェーグレン症候群」があります。

神経性疾患

お口の周りには、三叉神経や顔面神経が広く分布しており、お顔やお口の中の感覚知覚や咀嚼(そしゃく)運動、顔で表情をつくる機能などを果たしています。
これらの神経に関係し、お顔やお口の中に発生する神経痛や神経麻痺のことをお口の神経性疾患といい、代表的なものに「三叉神経痛」と「顔面神経麻痺」があります。 「三叉神経痛」は、三叉神経の三つの枝(眼神経、上顎神経、下顎神経) が血管に圧迫されることなどが原因で、お顔やお口の左右どちらかに痛みが生じる病気です。
「顔面神経麻痺」は、表情を作る際に重要な役割を果たす顔面神経に、局所の循環障害やウイルス感染などによって麻痺が起こることで顔の表情がうまく作れなくなり、涙腺や唾液腺の分泌障害、味覚低下などが起こる病気のことをいいます。

症例集

症例集

当院で行なった口腔外科治療の治療例をご紹介します。
治療内容・費用などについてご参照ください。