症例集|福岡市中央区大名、短期集中治療で納得の治療結果へ導く永嶌歯科クリニック

CASE 症例集

症例集

永嶌歯科クリニックで治療を受けられた患者さまの、症例写真をご覧いただけます。
治療前後のお写真を掲載していますので、
いがはっきりとおわかりいただけます。
治療をご検討の方や、治療を受けるか悩まれている方はぜひご覧ください。 掲載されている症例写真については、
※すべて当院で治療を完了し、サイト掲載の許可をいただいた患者さまのものです。
※トリミング(切り抜き)などを除き、画像の修正は行なっていません。
※治療はすべて各患者さま固有の症例に対応したものであり、他の方への治療結果を保証するものではありません。

インプラント治療例

インプラント(1本)

治療前
治療前
治療後
治療後
治療名称 インプラント(1本) 治療費用(税込) 313,500円
治療期間 2ヶ月〜3ヶ月 メインテナンス頻度 3ヶ月〜6ヶ月に1回
治療内容 ・患者の症状:虫歯で歯を抜く事になり、歯がない状態だった。
・治療方法 :CTレントゲンからインプラントが入る骨の厚さ向きを計測。麻酔下にてインプラント植立。仮歯を入れて約1ヶ月半待機。型を取って歯を製作、装着。
・治療結果 :歯が増え噛む効率がよくなった。見た目も自然の歯と同じように見える。
治療の注意点
(リスク/副作用)
外科的な手術になる為、術後の腫れ、痛みを伴うときがある。待期期間中の食事(硬いもの、固形物)制限がある。
天然の歯と形態が異なることがある。

入れ歯治療例

ノンクラスプ義歯

治療前
治療前
治療後
治療後
治療名称 ノンクラスプ義歯 治療費用(税込) 110,000円
治療期間 1〜2週間 メインテナンス頻度 3ヶ月〜6ヶ月
治療内容 ・患者の症状:口を開けると入れ歯の金具が見えて嫌だ。
・治療方法 :型を取り、2〜3回の通院で義歯を製作。製作途中にご希望の歯の色や並びを反映。
・治療結果 :金具の部分が歯茎と同色となり、入れ歯と分かりにくくなった。
治療の注意点
(リスク/副作用)
歯肉の痛み、慣れるまでの時間がかかる。劣化による破折。熱湯洗浄禁止。定期的なメンテナンスが必ず必要。

セラミック治療例

セラミック冠

治療前
治療前
治療後
治療後
治療名称 セラミック冠 治療費用(税込) 220,000円
治療期間 1〜2週間 メインテナンス頻度 3ヶ月〜6ヶ月
治療内容 ・患者の症状:前歯が破折した。以前、虫歯を埋める治療していた。
・治療方法 :左右前歯2本を削りセラミック冠を被せる。歯肉の治療、清掃。
・治療結果 :以前、埋める治療した部の変色や歯の形態、並びを正常にする事が出来た。
治療の注意点
(リスク/副作用)
歯全体を削る事。歯肉治療後の出血や痛み。以前の歯と形態の違いよる違和感。
発音の変化。

口腔外科治療例

歯冠延長術・メラニン色素除去

治療前
治療前
治療後
治療後
治療名称 歯冠延長術
メラニン色素除去
治療費用(税込) 歯冠延長術92,400円(12本分)
メラニン色素除去66,000円(12本分)
治療期間 1〜2週間 メインテナンス頻度
治療内容 ・患者の症状:笑った時に歯茎が目立ち前歯が短く感じる。歯肉の色が黒いのが気になる。
・治療方法 :余分な歯肉を切除。レーザーにて黒色歯肉の除去。
・治療結果 :歯茎の形態が変わり歯が長くなり、口を開けた時に歯肉が目立たなくなった。黒色だった歯肉が健康な色になった。
治療の注意点
(リスク/副作用)
外科手術を伴う為、出血、術後疼痛。術後の食事(酸、辛の刺激物)制限。
歯茎の形態の変化。歯の知覚過敏。

【インプラント治療のリスク・副作用】
・機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
・インプラントの埋入ともない、外科手術が必要となります。
・高血圧症、心臓疾患、喘息、糖尿病、骨粗鬆症、腎臓や肝臓の機能障害などがある方は、治療を受けられない場合があります。
・手術後、痛みや腫れが現れることがありますが、ほとんどの場合1週間ほどで治ります。
・手術後、歯肉・舌・唇・頬の感覚が一時的に麻痺することがあります。また、顎・鼻腔・上顎洞(鼻腔の両側の空洞)の炎症、疼痛、組織治癒の遅延、顔面部の内出血が現れることがあります。
・手術後、薬剤の服用により眠気、めまい、吐き気副作用が現れることがあります。
・手術後、喫煙や飲酒をすると治療の妨げとなるので、1週間は控えてください。
・インプラントの耐用年数は、口腔内の環境(骨・歯肉の状態、噛み合わせ、歯磨きの技術、メンテナンスの受診頻度、喫煙の有無など)により異なります。
・毎日の清掃が不十分だった場合、インプラント周囲炎(歯肉の腫れや骨吸収など)を引き起こすことがあります。

【セラミック治療のリスク・副作用】
・機能性や審美性を重視するため自費(保険適用外)での診療となり、保険診療よりも高額になります。
・噛み合わせによっては、また歯ぎしり・食いしばりの強い方の場合は、ごくまれに割れたり欠けたりすることがあります。
・金属単体の詰め物・被せ物より、削る歯の量が多くなることがあります。
・事前に根管治療(神経の処置)や土台の処置が必要となることがあります。
・噛み合わせ・歯ぎしり・食いしばりの強い方には、破損防止のためのマウスピースの使用をおすすめすることがあります。