永嶌歯科クリニック
詳しい地図はこちら

1本なくても不都合はない?実は恐ろしい!歯が抜けたまま放置するリスク


イメージ

「歯を抜いたけれど、普段の生活で特に支障を感じないからそのままにしている」「抜けたのは奥歯だから、見た目もそこまで気にならない」という方はいらっしゃいませんか? 確かに、歯を失ったからといって食事ができなくなるわけではありませんし、激しい痛みといった症状に見舞われるわけではありません。しかし、今はなんともなくても、後々になってお口や体にさまざまな悪影響を及ぼす可能性があります。今回は、失った歯をそのままにしておくことのリスクや、正しい対処法についてお伝えします。



歯がないままで放置するリスク


イメージ

人のお口は歯が正しく生えそろっていることでバランスを保っています。そのため、1本でも抜けてしまうとさまざまなリスクが発生してしまうので注意しなくてはいけません。

まずは口腔内と顔周り。特に奥歯が抜けてしまった場合、隣り合う歯が欠損部分に傾いてきたり(傾斜)、噛み合っていた歯が伸びてきたり(挺出)する可能性があります。このような変化は噛み合わせを乱し、顎への負担を大きくします。結果として、顎関節症を引き起こしたり、顔の形を歪めたりしてしまう危険性もあります。

こうなると、見た目への悪影響も懸念されます。また、前歯が抜けてしまうと正しい発音が阻害されるため、普段の会話にも支障が出ることも。楽しくおしゃべりができなかったり、人と顔を合わせるのが苦手になったりすれば、性格など精神的な影響も考えられます。

その他、全身への悪影響も注意が必要です。ものがしっかり噛めなくなると、咀嚼(そしゃく)効率が悪くなる他、唾液の分泌量も減ってしまいます。すると、口腔内での消化機能が弱まり、食べ物を胃腸ですべて分解しなくてはなりません。つまり、歯が1本抜けることで、消化器官といった内臓への負担を増やすことにもつながるのです。



歯がないまま放置することでの治療への影響


イメージ

歯のない状態が続くことでもっとも懸念されるのは、虫歯や歯周病のリスクです。前項でご紹介した通り、歯の欠損は歯並びに悪影響を与えます。すると、歯と歯の間や、歯と歯ぐきのすき間を上手にブラッシングするのが難しくなり、磨き残しが発生します。

磨き残しは時間と共に歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊になり、そこへ虫歯や歯周病の原因菌が棲みついて、お口の病気を引き起こします。その結果、さらなる抜歯を招く可能性もないとは言えません。

このように、歯が抜けることは口腔内環境の悪化を招く大きな要因と言えます。それまで健康な状態が保てていたとしても、たった1本の歯の欠損が、思わぬ事態を招くことも。虫歯や歯周病はもちろん、歯並びの乱れや顎関節症の治療には大きな負担がかかります。そうならないためにも、歯が抜けたままの状態を放置しないことは、とても大切なことです。



歯がなくなってしまった場合に取りたい対処法


イメージ

歯の欠損を補うためには、歯科医院での補綴(ほてつ)治療を受ける必要があります。代表的なものは、入れ歯治療やインプラント治療、ブリッジ治療です。

中でもインプラント治療は“第三の歯”と言われるほど、天然歯に近い噛み心地・見た目を実現できる方法として注目されています。周りの健康な歯にダメージを与えることもなく、欠損部分の機能のみを回復できるというのもメリットです。

ただし、インプラント治療を行うには、高度な技術を伴う外科手術が必要となります。そのため、歯科医院選びの際にはこれまでの治療実績や、歯科医師の技術力、医院の設備等を確認することが、リスクを避ける上で重要になります。



*****

歯がなくなった状態を放置するのは、お口にも体にもリスクがあります。万が一、事故や病気で欠損歯が出てしまった際には、早めに歯科医院へ行き、適切な処置・治療を受けるようにしましょう。



こちらもあわせてお読みください

インプラントにかかった費用はどれくらい?インプラントに踏み切った理由は?